<< 武田さん『ビジネスEFTテクニック』発売! | main | 鈴木さん、2冊同時出版!快挙のデビュー >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2012.11.18 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

8/23(日)マスコミリリース&企画書診断会Wセミナー

5月の2講座セミナーが好評でしたので、
なんと今回もW開催!!

1講座は、マスコミリリースの作り方。
もう1講座は、参加者お一人おひとりの企画書に直接アドバイスいただける
企画書診断会です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「ブランド力UP!マスコミリリースの作り方」

毎日200冊の新刊が出るいま、
本を出しただけでは、あっと言う間に埋もれてしまいます。
そこで力になるのは、やはりマスコミへのメディア露出。

本は、著者にとって信頼やブランドを表現するもの。
売れることはもちろん大事ですが、
新聞や雑誌、テレビなどで取り上げられれば、
本業にとって大きな宣伝になるばかりか
ブランド力がグーンとアップします。

マスコミに登場するメリットは
・話題になる
・信頼される
・たくさんの人に知ってもらえる
・ブランド力アップ
・次のメディア露出のネタになる
など、数えればきりがありません。

とはいえ、どうやったら、マスコミに取り上げてもらえるのでしょう?


私もリリースを送ればいいとは聞いても、
どんな風に作ればいいか、よくわかりませんでした。

しかも、新聞社やテレビ局には、
毎日、数十〜数百枚と、山のようにリリースが届くそうです。(>_<)

その中で取り上げてもらうには・・・・

こちらをご覧ください。













リリース2

上記は今回の講師、仁藤氏のサイトに掲載されている実例ですが、
AとB、どちらが反応があると思います?



答えは・・・B。

その理由は、下記リンクをご覧くださいね。
http://www.1book.co.jp/000968.html


今回のセミナーの内容を仁藤氏と打合せしたのですが、
拝見した資料に驚きました。w(°o°)w 

上記のように
実際のリリースの実例と、
その反応率の差までが、具体的な数字に
なって出ていたのです。

たとえば「手書き」と「PC文字」とどちらが良いか?
「地域限定」や「詳細」で、どれだけ反応が違うのか?


さらに、メディアが飛びつく
キャッチコピーを作るには・・・・


  「商品を主語にしない」で、
  「買う理由」を提示するのがコツ

なのだそうです。

このセミナーで、リリース作りをマスターして、
ぜひマスコミ登場を果たしてください!(^_^)


■講師プロフィール

□仁藤雄三(にとう ゆうぞう)氏
有限会社 eパートナー 取締役。日本出版学会 会員。
「日本著者販促センター」編集長。http://www.1book.co.jp
1970年生まれ。トヨタ東京カローラ株式会社、
外資系通信事業社マーケティング部を経て、
2005年、著者向けのサービス「日本著者販促センター」を開設。
FaxDMにダイレクトマーケティングを駆使し、
効果的なクリエイティブを作ることを得意とする。
著者と出版社を対象に、本の宣伝・PRをFAX通じて手伝う。
特に、著者のプレスリリース作成を手伝い、多くのマスコミ掲載をサポート。出版マーケティングの「売る仕掛け」として数多く講演。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
そしてもう一つのセミナーがこちら。

「プロの視点でアドバイス!企画書診断会」

企画書を作って出版社へ送ってみたけれど、
なかなか採用に至らない。
そんな悩みを抱えていませんか。

今回、アカデミーでは、あなたの企画書に直接
どこが良くて、どこを改善した方がいいか
具体的にアドバイスしていただく場を設けました。

プロの視点で見ると、あなたの企画書がどのように受け取られるか。
それを知ると、企画書の作り方が変わってきます。

今回は、元日本能率協会マネジメントセンター編集長で、
ビジネス書を担当されていた坂田博史氏におこしいただき、
参加者全員の企画書にアドバイスをいただける講評会です。

坂田氏は企画のたまご屋さんの勉強会で
企画書の講評をしていただき、
並みいる出版プロデューサーたちにとっても
目からウロコの言葉をたくさんいただけました。

たとえば、書店で本を選ぶときは、
「著者買い」か「テーマ買い」。
だからこそ、この企画は・・・。

考えてみれば、
確かに自分が本を買うときってそうなのに、
作る側になると、実際の書店の感覚を忘れてしまうんですね。

企画の段階から、読者のことをもっと意識させられ、
グッと企画書が深まるように感じました。

しかも、他の方の企画書を見ることで、
自分の企画書よりも客観的に見れることや、
さまざまな企画の講評がすべて勉強になります。

というわけで、今回はDVD撮影なし。
企画書持参、限定20名までの募集になります。

参加者の方は1週間前までに
全員、A4・2枚の企画書を事前にいただきます。
企画書形式などは、お申し込みいただいた方に直接お知らせします。


■講師プロフィール

□坂田博史(さかた・ひろし)氏
1968年生まれ。中央大学法学部卒。1992年PHP研究所入社。
営業(5年)、書籍編集(4年)を経験。
2002年日韓ワールドカップにボランティアとして参加。
2003年日本能率協会マネジメントセンター入社、
2006年よりビジネス書籍編集長。企画・編集に携わった書籍は150冊超。
現在は、子育てをしながらフリー編集者として活動中。


ぜひこの2つのセミナーを、見逃さないでください。(^_^)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

      8月23日(日)出版アカデミーWセミナー

■日時 2009年8月23日(日)

 16:00〜18:00 
 「プロの視点でアドバイス!企画書診断会」 
  講師:坂田博史氏(元日本能率協会マネジメントセンター編集長)

 18:30〜20:30 
 「ブランド力UP!マスコミリリースの作り方」 
  講師:仁藤雄三氏(日本著者販促センター 代表)

 21:00〜 懇親会(実費)

■会場:渋谷勤労福祉会館 第2洋室
http://asp.netmap.jp/map/905872.html
(渋谷公園通りに面した、パルコの向かい。とても便利な場所です。)


■参加費:(事前振り込み制。お申込み者に振込先を返信いたします。当日払いは各々500円増)

◆「プロの視点でアドバイス!企画書診断会」 坂田氏セミナー
  □アカデミー会員:4,000円
  □一般:6,000円
  □新規ご入会者:参加無料(ご入会プレゼント)

◆「ブランド力UP!マスコミリリースの作り方」 仁藤氏セミナー
  □アカデミー会員:4,000円
  □一般:6,000円
  □新規ご入会者:参加無料(ご入会プレゼント)

◆2セミナー受講(W割)
  □アカデミー会員:8,000円 → 6,500円
  □一般:12,000円 → 8,500円
  □新規ご入会者:4,000円(1セミナー分ご入会プレゼント、会員特典多数)
            ↑  ↑
         W受講、お得です!

*新規ご入会には、別途、入会費5,000円・年会費5,000円が必要です。
 会員専用ML、企画書持ち込み代行ほか、特典多数。詳細は下記。

■二次会:実費(3,000〜4,000円程度)


★セミナーお申し込みフォーム
http://don.jp/ezform104/141/form.cgi
講師へのご質問も、お申し込み時にどうぞ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


*出版アカデミーご入会の詳細や特典は、こちら
・今回のセミナー参加orDVDを無料プレゼント。
・「企画書持ち込み代行」をはじめ、数々の特典。
・入会金5,000円、年会費5,000円。年会費の有効期間は、ご入会月から1年間です。
http://shyuppan.jugem.jp/?eid=15
・ご入会フォーム
http://don.jp/ezform103/165/form.cgi

*出版社への企画書持ち込み代行システム<会員限定>
http://shyuppan.jugem.jp/?eid=18

JUGEMテーマ:プロ作家

スポンサーサイト


  • 2012.11.18 Sunday
  • -
  • 14:06
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
■出版アカデミーへのご入会は、こちらから http://don.jp/ezform103/165/form.cgi
■出版社への企画書持ち込み代行システム<会員限定> http://shyuppan.jugem.jp/?cid=14
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2013/03/13 12:48 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2013/03/25 3:39 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
良い本を作って、売りたい方へ
ようこそ、カカトコリ@林俊之の「一天地六の法則」へ ◆良い本を作って、売りたい方へ 拙著の、アマゾンキャンペーンでもお世話になった百世嬢の出版アカデミーからのお知らせです。 カカトコリも何度か、お邪魔したことがあります。 ここから 出版ア
  • カカトコリ@林俊之の「一天地六の法則」
  • 2009/08/13 5:42 PM
出版実現DVD


→出版成功DVD

一覧は、こちらから

『病気にならない生き方』『人生がときめく片づけの魔法』を生み出したサンマーク編集長 高橋さん・・・

ミリオンセラー『女性の品格』をプロデュースしたPHP編集者 横田さん、

大ヒット本の

現場編集者さん

が語る、

ヒットの秘訣を

聴きたくありま

せんか?


外部ではほぼ講演されない方々の貴重なDVDは、
アカデミーでしか手に入りません。
また、驚きの出版デビューを果たした著者さんたちによる、通る企画のコツなど、好評の出版セミナーを収録。
他に類のない充実の内容を、自宅でたっぷりご覧ください。


→YoutubeでDVD

冒頭を視聴できます


ほとんどのDVDが資料付き

   ↓   ↓
DVDの詳細は、こちらから
メル マガ登録・解除

出版アカデミー通信
(無料・不定期刊)
出版に役立つ情報、セミナーのご案内、ニュースなどをお知らせします。
出版にご興味のある方は、
ぜひご登録ください。

出版アカデミー通 信
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
セミナー

出版アカデミーでは、定期的にセミナーを開催しています。
『女性の品格』担当のPHP編集者さんはじめ、講談社さんなど、
現場からのリアルなセミナーが人気。

これまでのセミナー一覧



セミナーの一例

名刺交換
会員の出版
まだスタートして1年の出版アカデミーですが、第1作目からヒット本が出ました。
ネット検索でアカデミーを知り、応募してくださった方。
ぜひ皆さんも、あとに続いてくださいね。

生活保護vsワーキングプア表紙
会員出版第1号
『生活保護vsワーキングプア』
PHP新書


会員の出版状況
スタッフ

百世瑛衣乎写真
■代表&プロデューサー
百世瑛衣乎(ももせ・えいこ)より


■アドバイザー
ミドル英二(大勝文仁)より


■提携先 東京書籍印刷(株)

企画のたまご屋さん

企画書持込み代行

会員制度終了とともに、持込み代行を終了させていただきました。ご了承ください。

「企画書をどうやって出版社へ持ち込んだらよいかわからない」 「出版社とのコネクションがない」という声にお応えしました。
出版アカデミーが持込みできる出版社は、100社以上。
会員限定のサービスですが、現在3方向の企画書持ち込み代行が揃っています。

A.プロデューサーによる個別
 持ち込み(出版社指定可能)

B.東京書籍印刷(株)さんの
 月刊告知ツール掲載

C.企画のたまご屋さん配信
(手数料3割→2割に割引)

成約まで無料です。成約手数料は印税の12〜20%。

ご入会・お問合せ

会員制度は、終了させていただきました。好評のDVDをご利用ください。
■ご入会はこちらから
ご入会フォーム

■ご質問・お問合せはこちらから
お問合せフォーム


会員の特典

年会費5,000円というリーズナブルな会費で、以下の会員特典をご利用いただけます。

★セミナー・DVDの割引

★出版社への企画書持込み代行
 3ルートが揃っています

★企画書アドバイス会

★会員専用ML
 仲間との交流、情報提供

くわしくはコチラ

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
profile
最近のエントリ
recent trackback
search this site.
links
archives
others
sponsored links