スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2012.11.18 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

プロデューサー&代表、百世瑛衣乎より

こんにちは。出版アカデミー代表兼プロデューサー、
百世瑛衣乎(ももせ・えいこ)です。
みなさんとお会いするのを、とても楽しみにしています。

今でこそ私は、TVや雑誌などたくさんのマスコミに取り上げていただけるようになりましたが、みなさんと同じように、
最初は「どうやったら本が出せるのか」全くわかりませんでした。

道が見えないまま、迷い、やみくもにとった行動の大きな間違い……。
7〜8割書き上げた「原稿」を出版社さんへ送ったのです。
いまでは恥ずかしい思い出ですね。
だって忙しい編集者さんが、みずしらずの相手の大量の原稿なんて、そうそう読んでいただけるはずがありません。

けれども、コネも出版の知識も何もない当時の私には、
他に方法が思い当たりませんでした。

思えば非効率的な方法をとっていたものです。
時間をかけて大量の原稿を書き、出版社に送っては、数週間後におそるおそる編集部あて電話し、原稿はどうなったか伺うと、原稿の所在さえわからないという有様。
「探します」と電話口で返答があり、読んだ形跡もなく、定型の断り文がつけられて返送されてくる度、ガックリきました。

自分が本を出すなんて、ムリなんだろうか?

何度も投げ出してあきらめてしまいたい気持ちにかられました。
そんな時です。
新聞の折り込み広告にカルチャー教室の案内があり、数多い講座の中に、出版の売り込み方の講座がありました。
ピンと来た私は、すぐに申し込んだのです。

この行動が、私のその後を決めたと言ってもいいでしょう。
その道のプロに聞くこと。
この教室に申し込まなかったら、私の作家活動はなかったことでしょう。

講師は、ライターズ・ネットワークという団体の創始者である金丸弘美さんでした。
全部で6回くらいの講座の最後に、「直接編集者さんに講評してもらえる」というのが売りの一つでした。
そして、実際にこの講座から出版デビューを果たした方が出たというのです。

講座が始まってすぐ感心したのは、
「原稿」ではなく「企画書」を送るということ! 
私がそれまでにしていたことが、
なぜ徒労に終わったのか、いかに失敗だったかに気づかされました。

これまで掲載されるかどうかもわからないのに大量の原稿を書いていた無力感……企画書であれば、手間もかかりません。

資料として、この教室の受講生で出版を果たした方の企画書が配られました。
お手本があると強いですね。
こういう風に書けば良いというモデルがあれば、自分でもすぐ作れます。
全体の目次や構想を書くことで、構成もしっかりし、幅も広がりました。

私が通った講座は短期でアッという間に終わってしまいましたが、
収穫は実に大きいものでした。
■企画書の書き方や、売り込み方の実際を知ったこと。
■他の方々の企画書を見たり、互いに評価することで、鍛えられたこと。
■本を書きたい仲間と出会え、意見を出し合えたこと。
■終了後、ライターズ・ネットワークに加入し、MLを通してさまざまな方の活動に刺激を受け、モチベーションが上がったこと。

そして、初めて著者として名前が出た本も、
この団体のMLに投稿された出版社さんとのご縁からでした。

そうです。
プロから実践的なノウハウを教わることや、

仲間と出会い刺激し合うことが、

どれだけ大きな力になったか知れません。


今回、企画段階からプロデュースさせていただいた出版アカデミーには、
私が学んだエッセンスをしっかりと盛り込みました。

今あなたが一番知りたいことを話してくれる、
素晴らしいプロの方々を講師陣に迎えています。

また、驚くほど手軽な金額に設定しました。
どうぞ、他のカルチャーセンターなどの講座と比較してみてください。
どこも文章の書き方講座だったり、あまり役に立たない内容ではありませんか?

私は出版の仕方がわからなくて、何年もムダ足を踏みました。
そして今、著者にお金を求めたりといった詐欺まがいの出版社も横行しています。


だからこそ、私のようなムダな苦労をすることなく、
安心できる価格(年間5,000円)で、
みなさんには出版の夢を果たしていただきたいのです。

出版アカデミーの話題の著者や編集者による実践的なセミナーは、
他では受けられない充実した自信の内容
ばかり。

また、毎回のセミナーに編集者さんや出版コーディネーターさんも参加されるので、
いつでも企画書を見てもらったり、売り込んだりも可能です。
地方の方にも、メールで受け付けて、出版オーディションに参加の窓口を考えていますよ。

ですから他のスクールのように、ただ受講して終わり……ではありません。
編集者さんとの接点や、売り込みの場が
常に用意されているのが特徴です。


つまり、出版アカデミーは
商業出版デビューの一番の近道
なんですね。

ぜひ一緒に、歩んでいきましょう!(^_^)

*ご入会は↓コチラから
鉛筆2[すぐに申し込む]

*→会員特典&費用はコチラ

*ご質問、お問合せはこちらへ。

コーディネイトディレクター、小山宣宏より

自分の本を出版してみませんか?
この言葉を現実のものにするために、
「出版アカデミー」は誕生します。


「発表したい作品がある」
「みんなから不思議がられる体験をしたことがある」
「自分しかない、オリジナルのノウハウを持っている」
……こうしたことを持っているのは長所であり、
また世の中の人たちにアピールしたいポイントでもあります。

 とはいうものの、こうしたノウハウを商業出版として売り出してもらおうと思って、いざ出版社を訪れたとしても、
不採用となったり、あるいは採用されたかと思ったら、費用のかかる自費出版や共同出版を勧められたりと、
何かとクリアしなければならないハードルばかりが目の前に立ちはだかります。

 実際、独自で売り込んでみたとしても、出版社に企画が通る確率は相当低いと考えられますし、

□出版企画書の書き方
□出版社への売り込み方
□出版社に採用される企画
□編集者が納得する原稿
□出版業界の現状と今後


 など、出版デビューするにあたり、知りたいと思うことは枚挙に暇がないことでしょう。
 そこで、出版業界でデビューする、さらにはベストセラー作家になるための道を、「出版アカデミー」ではサポートしてまいります。

「出版アカデミーを通じて、夢を実現させよう!」を合い言葉に、
商業出版デビューの夢を実現していくための手助けを、私たちができればと考えております。


■「本を出版する」ということ
 今、出版ブームが起きつつあります。
「本を出したい」と考える人が、驚くほど増えてきました。

というのも、出版点数が2〜3倍と増加する中、著者の数は増え、身近に本を出した人が現れてきました。
また、ブログやホームページのように、情報発信の手段が増え、そこから本の出版という例も多数出現しました。
加えて、社会は正社員や年功序列が崩れ、安定志向にしがみついてはいられない危機感から、自分の世界の構築が必要となりました。

こうした多くの背景から、これまで特別な世界だった出版が、
誰でも手の届くものに感じられるように。
もはや「本を書くのは特別な人」ではなく、「自己実現の一手段」として社会に浸透してきたのです。

そして、本を出すことは、新しい人生の可能性のカギも握っています。
サイドビジネスの道が開けたり、
独立して専門家としての看板・名刺代わりになるのはもちろん、
講演やセミナーの開催と、本が出発点となってくれることも。

「本を出したい」と考える人たちの中にある、潜在的な願望……「人生を好転させたい」。
この2つの夢をかなえる近道であり、
最もスムーズなノウハウを提供します。

今、「自分の本を出版したい」と願う30〜40代のビジネスマンが増えています。
これはつまるところ、仕事や生活を通じて得た技術やノウハウを本にして、
自己実現を図るということです。

ところが、いざ企画書や原稿を出版社に送っても、なかなか採用されません。

実現度の高い企画はごく一部しかなく、
優れた企画や原稿であっても、埋もれてしまう確率の方がはるかに高いという現実があります。

そこで、実現度の確率を上げるために、
出版社に売り込むための「企画書の書き方」があり、
出版社の編集者が「おおっ!いい内容だ」と高い評価をしてくれる「原稿の書き方」というものもあります。

ところが、多くの方はこれらのノウハウを知りません。
せっかく独自の経験やネタを持っていたとしても、これでは宝の持ち腐れです。


「出版アカデミー」では、企画書や出版社への売り込み方、原稿の書き方などをレクチャーしていきます。

 企画書を書いて出版社に応募する・・・まずは簡単なことから始めてみましょう。

その結果、「本を出版して人生を変える」ということが可能になるかもしれません。
本を出すということは自らの名刺代わりにもなります。
また新たなビジネスを構築できるきっかけとなるかもしれません。

「出版アカデミー」が、その一助となれば幸いです。

*ご入会は↓コチラから
鉛筆2[すぐに申し込む]

*→会員特典&費用はコチラ

■ご質問、お問合せは、このブログのコメント欄へどうぞ。

■出版アカデミーへのご入会は、こちらから http://don.jp/ezform103/165/form.cgi
■出版社への企画書持ち込み代行システム<会員限定> http://shyuppan.jugem.jp/?cid=14
出版実現DVD


→出版成功DVD

一覧は、こちらから

『病気にならない生き方』『人生がときめく片づけの魔法』を生み出したサンマーク編集長 高橋さん・・・

ミリオンセラー『女性の品格』をプロデュースしたPHP編集者 横田さん、

大ヒット本の

現場編集者さん

が語る、

ヒットの秘訣を

聴きたくありま

せんか?


外部ではほぼ講演されない方々の貴重なDVDは、
アカデミーでしか手に入りません。
また、驚きの出版デビューを果たした著者さんたちによる、通る企画のコツなど、好評の出版セミナーを収録。
他に類のない充実の内容を、自宅でたっぷりご覧ください。


→YoutubeでDVD

冒頭を視聴できます


ほとんどのDVDが資料付き

   ↓   ↓
DVDの詳細は、こちらから
メル マガ登録・解除

出版アカデミー通信
(無料・不定期刊)
出版に役立つ情報、セミナーのご案内、ニュースなどをお知らせします。
出版にご興味のある方は、
ぜひご登録ください。

出版アカデミー通 信
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
セミナー

出版アカデミーでは、定期的にセミナーを開催しています。
『女性の品格』担当のPHP編集者さんはじめ、講談社さんなど、
現場からのリアルなセミナーが人気。

これまでのセミナー一覧



セミナーの一例

名刺交換
会員の出版
まだスタートして1年の出版アカデミーですが、第1作目からヒット本が出ました。
ネット検索でアカデミーを知り、応募してくださった方。
ぜひ皆さんも、あとに続いてくださいね。

生活保護vsワーキングプア表紙
会員出版第1号
『生活保護vsワーキングプア』
PHP新書


会員の出版状況
スタッフ

百世瑛衣乎写真
■代表&プロデューサー
百世瑛衣乎(ももせ・えいこ)より


■アドバイザー
ミドル英二(大勝文仁)より


■提携先 東京書籍印刷(株)

企画のたまご屋さん

企画書持込み代行

会員制度終了とともに、持込み代行を終了させていただきました。ご了承ください。

「企画書をどうやって出版社へ持ち込んだらよいかわからない」 「出版社とのコネクションがない」という声にお応えしました。
出版アカデミーが持込みできる出版社は、100社以上。
会員限定のサービスですが、現在3方向の企画書持ち込み代行が揃っています。

A.プロデューサーによる個別
 持ち込み(出版社指定可能)

B.東京書籍印刷(株)さんの
 月刊告知ツール掲載

C.企画のたまご屋さん配信
(手数料3割→2割に割引)

成約まで無料です。成約手数料は印税の12〜20%。

ご入会・お問合せ

会員制度は、終了させていただきました。好評のDVDをご利用ください。
■ご入会はこちらから
ご入会フォーム

■ご質問・お問合せはこちらから
お問合せフォーム


会員の特典

年会費5,000円というリーズナブルな会費で、以下の会員特典をご利用いただけます。

★セミナー・DVDの割引

★出版社への企画書持込み代行
 3ルートが揃っています

★企画書アドバイス会

★会員専用ML
 仲間との交流、情報提供

くわしくはコチラ

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
profile
最近のエントリ
recent trackback
search this site.
links
archives
others
sponsored links